父が退院したので、父の病気について少し書いてみた。

はろー、飴だ。

お陰さまで父が退院したm(_ _)m
(↓長文ですよ)

 

腹部大動脈瘤、動脈がお腹のあたりでいきなり直径約7センチになってて破裂寸前でした。
普通、自覚症状全くなく、いきなり倒れて、救急車来ても病院まで間に合わない、そんな病気だそうです。

 

私が中1の2月、40歳で心筋梗塞、奇跡の社会復帰から無事定年を迎え、60歳頃から間質性肺炎になり、、、循環器と呼吸器で毎月済生会にお世話になってきました。今回も、毎月の診察から発見して頂き、本当にラッキーな人です。

 

若ければお腹を開いて腫れてるところ切除して人工血管にするそうですが、年齢と持病から長い手術は肺がもたないと、足の付け根からのカテーテル手術に。

 

そして術後すぐ、

右足から脈がとれないと言われ、同日に再手術。(八幡への帰宅は深夜になりました)
腰から二本に分かれる動脈は、右足太ももでほぼ詰まってたそうです。同じ日に発見していっぺんに良くしてもらえるなんて、ほんと!ラッキーな人です。

 

血管外科の先生には本当にお世話になりました。。。

 

原因や今後気をつける事を質問してみましたが、肺が悪い人は動脈瘤になりやすい事がわかってきてる、とだけ言われました。またどこか膨らんだり詰まったりすればまた手術なのかも知れません。

 

肺が悪くなる人→タバコを吸う人って事です。

 

幼稚園から社会人になるまで、一度も休んだ事がない!が自慢の父でしたが、心筋梗塞で倒れ、タバコもやめて随分経つのに、次々と手術。
まさにイタチごっこ。

 

---
たばこは本当に身体に悪いみたいよ。
---

 

父の場合、不整脈があり、肺は固くなる病気で、血管も古い水道管のようにボロボロです。

 

愛煙家の友人たちに、少し伝えておきたかった。

 

今回の手術で、一緒に過ごせる時間がどれだけか伸びたと思います。感謝です。

 

さて!明日から通常業務に戻ります!!
打合せ三昧だー、ガンバる。