初恋の人からの手紙

面白い。
http://letter.hanihoh.com/

飴子、ひさしぶり。
もう肉じゃがぐらいは作れるようになりましたか?「肉じゃが作れば女らしいんでしょ」と一人でキレていた飴子がなつかしいです。


飴子がおれに「別れないから大丈夫だよ」なんて言いながら徐々に連絡がとれなくなったあのころから、もう17年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。


あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。


思い返してみると、あのころ飴子はとても余裕があって、大人びていたなぁと思います。男子と幅広く仲が良かった飴子に、おれは「男好きだな」など と皮肉を言ったけれど、飴子は平気で「そういう女が嫌いなら付き合わなくてもいいんだよ」と返していましたね。そういう飴子の余裕が、やけに鼻に ついた思い出があります。


そういえば、おれはともかく、飴子にとっては初恋でしたね。最初のころの飴子は、手をつないだときに手汗をびっしょりかいていたと思います。あれはなんだか、こっちも緊張しました(笑)。


付き合い始めのラブラブのころは、飴子が「時間が止まればいいな」って言ってくれたのを覚えています。あの飴子の幸せそうな顔は今でも忘れません。思えば最初はかわいかったなぁ。


総括して言えば、おれは飴子と付き合えてよかったと思っています。振り回されたけど、そのおかげで忍耐力もついたし、言いたいことを封じ込める技も身に付きました。


いろいろ書いたけど、おれは飴子が大好きでした。これからも飴子らしさを大切に、あと、そろそろドリンクバーで吐くほど飲むのはやめて(笑)、いつか幸せになってください。


またいつか会いましょう。では。


P.S. カーテンと同じ柄のスカートはまだ使ってますか?

っていう面白い手紙になった
どっかで見てたのか、って思う部分もあったりなかったり


まだ続きありました

飴子さんについての分析結果は以下の通り。
________________________________________
【短評】
しっかり者で、男性を守る側になることも。相手の気持ちに配慮もできて精神的にタフ。弱味を見せないところがある。


【あなたの恋愛事情を考察】
飴子さんは、よく「付き合った男性がみんな弱っていく」などと感じませんか?または、長く付き合ううちに「私はあなたの母親じゃない」と言いたくなることはありませんか?逆に、飴子さん自身が甘える場面というのは少ないのではないでしょうか。


基本的には飴子さんは、わりと恋愛では「強い」ほうだと思います。周りの人からは、悩み事がないかのように思われる可能性もあります。確かに精神的には 比較的タフだとは思われますが、一方で、そういう役割にばかり追われると、もっと子供のように甘えたい気持ちが内側に蓄積するものです。


素直さや隙がないために、相手が飴子さんをどう愛していいのか、どこをとっかかりとして幸せにしていいのか、よく分からないことでしょう。そして相手男 性が弱くなっていくか、逆に針が振れて、自分に振り向かないほどの男性(彼女持ちとか)をいつのまにか選んでしまう可能性もあります。


ここから言える、飴子さんにありそうな問題点を列挙します。
◆自由人でしっかり者だが、男性からしてみると近寄りがたい。
◆なぜか少し弱々しい男性に好かれる。そしてドキドキできない。
◆素直に甘えられる(ドキドキできる)男性を求めると、しんどい恋愛に変わる。

・・・。
ドキドキできない人とドキドキできるけどしんどい人はわかったけど
どうすればいいねん!!!!
まあ、おもしろかったワ♪