矢口敦子 償い

償い (幻冬舎文庫)

償い (幻冬舎文庫)

最近、とある本屋の前を通過する際は必ず本を買うというルールを作り、実行している。
文庫本コーナーでひときわ目を引く、真っ青な表紙。
その溢れるばかりの山積陳列は、強烈な印象を残す。
何回も素通りしつつ、ルールに則り手にとって見た。

                    • -

36歳の医師・日高は子供の病死と妻の自殺で絶望し、ホームレスになった。流れ着いた郊外の街で、社会的弱者を狙った連続殺人事件が起き、日高はある刑事の依頼で「探偵」となる。やがて彼は、かつて自分が命を救った15歳の少年が犯人ではないかと疑い始めるが……。絶望を抱えて生きる二人の魂が救われることはあるのか? 感動の長篇ミステリ。(カバーの紹介文より)


しかし、感想をいうと思ったほどの感激はなかった。
ここ最近小説は読んでいなかったから、ちょっと最近の小説に期待しすぎてるのかも知れない。
表題が重くて、誰の何の償いなんだろう・・・と気分も沈んだ状態になった。
早く読み進めて犯人を聞いて安心したい、という気持ちでいっぱいだった。
そして、読み終わったことで、安心を得た。


でも欲を言えば、もっとショックのどん底に私を突き落としてくれてもよかったしもっとハッピーな気分にしてくれてもよかった。
もう1冊ぐらい読んで見ようと思う。
次回は、家族の行方 (創元推理文庫)かな。