原宏一 床下仙人

床下仙人

床下仙人

本屋の平積みで『この本が面白くないと言うならもう薦める本はない!』
という手作りポップが添えてあったので、喧嘩を買うような勢いで購入。

                    • -

「家の中に変な男が棲んでるのよ!」念願のマイホームに入居して早々、妻が訴えた。そんなバカな。仕事、仕事でほとんど家にいないおれにあてつけるとは!そんなある夜、洗面所で歯を磨いている男を見た。さらに、妻と子がその男と談笑している一家団欒のような光景を!注目の異才が現代ニッポンを風刺とユーモアを交えて看破する、“とんでも新奇想”小説。 (文庫裏表紙紹介文)


感想はいまいち。
私の空想をびりびりに破くような内容、ではなかった。
ハードル高いですよ。
短編集です。
タイトルになってる『床下仙人』が一番おもしろかった。