グッドナイト&グッドラック

グッドナイト&グッドラック 通常版 [DVD]

グッドナイト&グッドラック 通常版 [DVD]

また映画。時間がある時書かないとね。
結構見てるんですよ。
見たことのある映画、ここに記録しておこうと思い立ったので
暇さえあれば追加していくかも。


演技以外の部分で手腕を発揮する俳優は多い。
具体的には、自分を演出するのに長けてる人が目立つと思う。
でも本物は自分が出ていない映画でも十二分発揮されるものだと思う。
そんな凄腕俳優がいっぱいになったら、もっと楽しくなるね。
ジョージ・クルーニーの世に送り出すさ様々な映画には、注目してる。
今回のも本人でてますが、別に彼がやらなくてもよかった、かな。
というか、それぐらい自分らしさを消して出演してる。
ドリームガールズ*1』のビヨンセもそうだったけど、あれは主役だけど。
昨日のオーシャンズの話からの連想ゲームで、久々見てみました。


デヴィッド・ストラザーンエド・マローが超かっこいい
と思う。
シロクロです。
筋書きを変えるともっと大衆が引き込まれる展開にもなったと思うが
わざとかな、93分は消化不良。

2005年 アメリカ 93分 ドラマ
《監督》 ジョージ・クルーニー
《出演》 デヴィッド・ストラザーンジョージ・クルーニー
     ロバート・ダウニー・Jr、他
《あらすじ》ジョージ・クルーニーによる「コンフェッション」に
      続く監督第2作目。
      CBSの人気キャスター、エド・マローとプロデュー
      サーのフレッド・フレンドリーは、番組内でマッカー
      シーの欺瞞を暴き、彼こそが自由の敵であると訴える
      内容の放送に踏み切るのだった。
      そして、その反響は概ね好意的に受け取られる。
      これに対し、マッカーシー側もCBSへ反論と圧力を
      掛けてくるのだが…。



エド・マローの、隙の無いトークと表情
そして、結びのことば『GOOD NIGHT, AND GOOD LUCK』
もっとエド・マローやCBSについて描いて欲しかった
知りたくなるし、気になる
でもすべて場面はCBS局内
それがいいのかも知れませんね

*1:

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]