雨が降るんじゃないかと心配で心配で



楽しみにしていたことがあった。
楽しみにすると、たいてい雨が降るので、
毎日天気予報が気になって仕様がなかった。
でもニュアンス的に伝わってなかったんだなぁ。
温度差があった。
天気だけの問題じゃなかったのだ。
人を誘うってこれだから嫌だ。
こういうことを繰り返すから、誘いにくくなる。
誘わなきゃよかった、と落ち込む。
誰でもかれでもよかったわけじゃないのに。
肝心な人に、どんなつもりでいるのか伝わってないのです。
素直にならない私も悪い。
「じゃぁさ・・・」と口を開いて出てくる打開案には耳を閉じ
「もういい」とにこりと笑う。
目は笑ってないと思うが、口元はきゅっと上げる。


誘わなきゃ良かったと、嫌悪感
悪いことしたなぁ、罪悪感


もっと器用に今を楽しめたら、せっかくの時間を無駄にしないだろうに
そういうことは今のところ出来たためしがない。
最近欲深くて、すぐ怒る。
怒るというか、哀しい。
すごく哀しくて、すごく虚しくなる。
感謝、なんてことをすっかり虚しさに任せて当り散らす。
この虚しさをちゃんと伝える事も出来ず、
たぶん嫌な気分だけ伝染させ、私は独りの時間を求め関わりを絶つ。
そしてその直後に、フリーホールの如く強烈に堕ちる。





今夜の雨で、桜は散ってしまうでしょうね
進歩ねーなアタシ
毎年こんな失態で逃し虚しさに襲われているような気がします
満開の桜は私には似合わないということなのか、何かの罰なのか
今年もこんなことを綴って終わる様です