入社3年目までに勝負がつく77の法則



月曜日、本の紹介です。
11月の転居から、ぼちぼちと今日もまた荷解きパート○をしてる飴です。
しかしまだ手付かずな場所や物がある。
その中の1つに十字にしっかりと縛った本たちがあります。
今日は、『この本読んだけど面白かったよ』でもなく『これオススメだよ』とも違い、『これ早く出てこないかな。読まなきゃだなぁ』がテーマですw

入社してからの3年間で、君のすべてが決まる。この3年間は、決して、準備期間ではない。この3年間に頑張った人は、好きな仕事ができるようになる。この3年間に苦労をたくさんした人は、仕事のプロになる。この3年間に油断した人は、一生逆転できなくなる。この3年間にこの本に出会った人は、運を切り開く。この3年間は人生の黄金の3年間である。3年間は、あっという間に終わる。死に物狂いで、厳しいことを言ってくれる人にしがみついて行こう。この黄金の3年間が、君の未来の成功の扉を開くのだ。

社会人1年生の私は、かなり初々しく(笑)それはそれはかわいかったw
この本からだなぁ、中谷さんに傾倒して行ったのは。
きっと今読み返したら、
しよう!!と誓ったあの頃の決意がどれだけ風化していったかわかるだろう。
そう云えば今の職場に決まった際も読んだなぁ。
4月から新しい職場に行きます。
それまでに荷解きをしてw
手帳に77項目書き写し、日々出勤途中にでも目を通そうと思う。
そんな作品です。